最近の若い女の子って一般人にもかかわらず、どの子も可愛いよね~。
スタイルはいいし、トレンドを取り入れたファッションにカラコンも当たり前。
カラコンなんて、私の時代には眼科に行かなきゃ買えなかった代物だったのに、
いまじゃ、度なしまで売られていれば、簡単にネットで安く買えちゃうんだもの。
羨ましい時代です。

ただ、やり過ぎって女の子もちょくちょく見かけます。
私には理解できない・・・今の若い子のこんなメイク・・・
毎日メイクしてるもんだから、麻痺しちゃってんのかな~。
盛り過ぎっ。
盛り過ぎメイクが気になっています。
つけまつげが不自然に長かったり、
量が半端なく多い。

アイライン、引いてますっ!
と言わんばかりの太さと長さ。
アイラインとはもはや呼べないくらい太く引いてる子をいるよね。
アイシャドウ張りの太いアイラインって、余計に目が小さく見える気さえする~。
あと、アイプチ。
もっと上手に綺麗に貼れないモノかね?
いかにもっ!
になっちゃってますよ~。

とにかく、どんどん麻痺しちゃってってる感じの盛り過ぎメイクは
私には理解しがたい。
分かるよ~。
可愛くなりたいのもね。
でも、盛り過ぎメイクは男性の好感度も落としてしまうぞ。

まあ、そうはいっても、私もメイク大好きです。
メイクって楽しいし、私にとっても洋服みたいなもので
ノーメイクで外出するなんて、全裸で出歩くくらいの気持ちになっちゃうし。

なので私も毎日、ファンデーションにアイシャドウ、アイラインにマスカラとチーク
とばっちりメイクをしておりますが、
いかにもメイクしてますにならないようには気を付けてるつもり。
濃いメイクって余計に叔母サンっぽくなるしね。

若い子は肌も綺麗だし、若いってだけで十分カワユイのだから、
盛り過ぎメイクなんてしなくてもいいと思っちゃう。
やっぱり、こういうこと言ってる私は叔母さんになっちゃったんだなと
いうことを実感してしまいます。

ただ、あとは逆にすっぴんの人も私には理解しがたい。
若い子だけじゃなくて、おばさんでも多いでしょ。
どうしてすっぴんで堂々と出歩けるのか理解できないです。
素肌に自信があるのか?
パーツに自信があるのか?
若い子ですっぴんって、損してる感じがするよ。
ちょっとメイクすれば、もっとかわいくなりそうなのにー。
勿体ない感を感じる若い子もいますよね。

すっぴんのおばさんに関しては、メイクが面倒なのかな。
どう見られても、そんな事どうでもいいという感じ?

男性受けするのは、断然ナチュラルメイクだよ。
盛り過ぎメイクには気を付けましょう。
さらに、ノーメイクの人はせっかく女性に生まれてきたんだから
メイクも楽しみましょ。

鏡を見るたび感じること。。
体系の崩れもありますが、やっぱり若いころに比べると肌が変わったと思う。
くすみに、毛穴の開き、たるみ。
ほんと、年を取るって良いことないわ~。
老化現象をまざまざと感じさせられるのはやっぱお肌なんだよね。
ただ、芸能人って年取っても変わらないから凄い!
エステに入ったり、美容にお金をかけてはいるんだろうけど、
やっぱり、食事も気を付けてるみたいですね。

先日、雑誌を見ていると肌の老化などを防ぐために
食べる物を気を付けているというモデルさんがいました。
食べる物によって体の内側から老化を防ぐってとても大切なことのようです。

という訳で、体の内側から綺麗になれる
老化を防ぐ食べ物をいくつか挙げてみました。

・緑黄色野菜
美肌に欠かせない野菜。
その中でも、色の濃い緑黄色野菜はお肌の老化を防いでくれます。
代表的なものとして、トマト、にんじん、かぼちゃ、ホウレンソウ、
ブロッコリーがあります。

リコピンは活性酸素を取る効果があって、
ベータカロテンには抗酸化作用があって
肌の老化を防ぐのによいということです。

・魚
サバやサンマなどの青魚や鮭が良いそうです。
青魚にはEPAとDHAが多く含まれていて、老化を防ぐだけじゃなく
痴呆にもいいし、血液もサラサラにしてくれるそうです。
鮭は野菜のベータカロテンより抗酸化力があるそうです。

・発酵食品
納豆に醤油、漬物もなどの発酵食品にも抗酸化作用があります。

・イソフラボン
大豆製品に含まれているイソフラボンは、血管を強くしてくれるし、
腸内環境も整えて老化を防いでくれます。

・ナッツ類
アーモンド、カシューナッツなどのナッツ類にも抗酸化作用があります。

逆に、
甘いモノや脂っこいものは、老化の元。
やっぱりか~。
ウマいものほど体の毒だとは言うけれど、美容にもなんだね。
つらい。。。
食べ物の事を久しぶりにきちんと考えることができて良かったけれど、
ストレスをためないようにすることも老化を防ぐ大切なこと。
ストレスって、健康にも美容にも良くありません。
ストレス解消方法は食べること。
ではなく、体を動かすこと。に変えられたらいいのにな。

ただ、まあストレスをためたいためにも大好きな甘いモノや脂っこいものを
食べ過ぎない程度に食べつつ、
美容にも健康にも良いこれらの食べ物を積極的に
食べていこうかなと思います。
食べ物を食べて体の中から綺麗になれるのであれば、
簡単なことだよね~。
あまり難しく考えず、長く続けていきたいなと思います。

美容大好き。
毎日でもパックして綺麗を心掛けたい!
でも、毎日パックともなると、お金かかるしな~。
なるべくならお金をかけずに、キレになる方法はないのか?

ありました!
家にあるもので簡単に手作りパックができるそうです。
しかも、お金がかからない食材ばかりを使っているのに構な効果があるらしい。

・米のとぎ汁
米を研いだ後の水を取っておいて一晩放置します。
放置をしていると、容器の底にたまる白い沈殿物があるのですが、
それをパックとして使えば、不要な角質などが取れて
すべすべお肌になるそうです。

・小麦粉
小麦粉を水で伸ばしてペースト状にしてパックします。
毛穴に詰まった汚れを綺麗に取り除いてくれ美肌になるそうです。

・ヨーグルト
無糖ヨーグルトでパックします。
乳酸菌って食べるだけじゃなく塗っても綺麗になれる優れものだね。
保湿効果と透明感が出るそうですよ。
ヨーグルトを使ったパックはいろいろ種類があって、
アボカドを加えたり、トマトを加えたりと様々な種類の方法がありましたよ。

・卵白
卵白を泡立ててパックに使えば、くすみの改善にもなれば、
たるみにも良く、保湿効果までが得られる優れモノ。

・緑茶
緑茶の茶葉を粉末にして小麦粉と混ぜて水で練ってパックにすると良いそうです。
美肌効果、たるみにも良いそうですよ。

などなど、普段の食べ物や家にあるもので簡単に手作りできるパックは
色々ありました。
が、やっぱり自分のお肌に合う方法なのかをテストしてからのほうが良いみたいです。
お肌に合わなかったら、それこそ意味ないじゃーンといった
残念な結果になりかねませんからね。

敏感肌の方など、肌の弱い方や肌荒れやニキビで肌が弱っている状態の方などは
特にパッチテストなどしてから行った方が良さそうですね。
それと、毎日やるというよりは、続けることが大切だそうで、
お肌と相談しながら行うのが良いそうです。
とはいえ、こんな身近で手ごろな食材を使って簡単にパックが作れるとは、
考えもしないことでした。
ただやはりどのスキンケア商品に関してもですが、
即効性はなく、続けることが大切なようなので、
どれだけ続けられるかも勝負ですね。
飽きっぽい私の場合、簡単とはいえ、続けられるかどうか。
やってみる価値ありそうです。

私も随分お世話になっていました~。
毛穴すっきりパック。
鼻のぶつぶつを取り除いてくれる人気商品ですよね。
やればやるだけ小鼻も綺麗になれそうだし、にっくきブツブツをやっつけてやる!
という勢いで良く使ってたかな~。
ただ、この毛穴すっきりパックってやり過ぎに注意しないと
もっと悪い状態になるそうですね。

毛穴すっきりパックのやり過ぎに注意してください!
なぜだめなのか。
・角質まで取り除いてしまう
・毛穴の黒ずみ
・過剰な皮脂分泌

角栓を取り除いてすべすべお花にしてくれる毛穴すっきりパックですが、

強力なため、お肌を守ってくれている角質まで取り除いてしまう
危険性があるそうです。
角質が取りぞかれてしまうと、肌の機能は低下し、毛穴から最近が入りやすい状態に。
最近が毛穴に入り込むとニキビや吹き出物の原因にもなりかねません。
さらに、毛穴が開くためゴミなどが入りやすく、黒住にもなりかねないと言われています。

そして、角質を取り除くことでお肌は乾燥します。
お肌は乾燥を防ごうとして、皮脂を分泌させます。
過剰に皮脂が分泌されることで毛穴に詰まったりしてこれも
黒ずみやニキビの原因になります。

このように、毛穴パックをやり過ぎることで
お鼻のお肌の状態がますます悪化してしまうと言われています。
お医者さんによっては、毛穴パックシートをお勧めできないという方もいるそうです。

何でもやり過ぎって駄目なんですね~。
だけど、気になるお鼻の角質。
適度なタイミングでやる必要があります。
さらに、しっかりはがしたいからといって硬くなるまで乾燥させてから
思いっきりはがすのは辞めましょう。
力任せにはがさなくても取れますし、それこそ皮膚が剥がれて、
お肌のダメージは大にしかならない可能性があります。

シートを使う場合には、用法を守ってしっかり水で鼻を濡らしてから
シートを装着することも大切なことです。

また、毛穴すっきりパックを使用した後には
保湿をするなどケアを行いましょう。
ダメージリスクのある毛穴パックシートは
期間をおいて使うというのも良いのですが、
毛穴の角栓を取る方法は他にもありました。

リスクのある毛穴すっきりパックのシートを使わずに
毛穴の角栓を取る方法では、
ジェルなど洗い流せるタイプの角栓を取り除く製品もありましたし、
蒸らしたタオルやスチーマーで毛穴を広げてから
クレンジングで優しく洗う方法でも綺麗になります。

これらの方法ならお肌を傷めずにお鼻の角栓も綺麗にできます。
どちらにしても、やり過ぎはお肌に負担を与えますので、注意です。

毛穴そのものがどうしても気になるという人は電気脱毛をして
毛穴をなくす永久脱毛をするのも一つです。

最近では、ひげ永久脱毛する人も増えていますが、
電気脱毛による永久脱毛で毛穴自体をなくすことができるのです。

最近特に、洗顔に力を入れております。
力を入れているといっても、ゴシゴシ洗いの事じゃありませんよ。
本当の美肌を手に入れるなら一番大事なのは洗顔!
洗顔のやり方が今見直されております。

洗顔のやり方によって肌は確実に変わると言われているのです。

正しい洗顔のやり方とは?
まず一番大事なのは"泡"
泡作りが一番重要です。
というのも、洗顔は泡のチカラで行うことが正しい洗顔方法であり、
美肌を手に入れるためのポイントです。

よく目にしたり、耳にしませんか。
濃密な泡だったり、モッチり泡だったり。
きめの細かいモコモコとした泡で洗顔します。
きめの細かい泡が毛穴にしっかり入り込み、
皮脂や汚れ、ファンデーションなどをしっかりキャッチして取り除いてくれます。

なので、洗顔は泡作りが重要なのです。
自力で理想的な泡を作るのが難しい場合には
洗顔の泡立てネットを使うととても簡単に作れます。
また、泡で手てくる洗顔もありますよね。
私も使ってみましたが、本当に楽で便利でした。
ワンプッシュで理想的な泡が出てくるんだからね~。
かなり時短にもなります。

洗顔で一番やっちゃいけないこと!
ゴシゴシ洗い。
泡で洗顔するのとは違い、手でこすり洗いするのは一番タブーとされています。
汚れは取れない上に、摩擦が加わることは
肌に一番良くないことだそうです。
肌に良くないどころか、ニキビを悪化させたり、黒ずみや赤みなどの
原因にもなります。

洗顔ひとつでここまで恐ろしいことになるとは思ってもいませんでしたが、
たかが洗顔されど洗顔。
ゴシゴシ摩擦を加えて洗わないと洗った気になんなーい。
なんて言ってる人は、要注意ですぞ。
クセになっていたり無意識にやってる人も多いと思いますが、
5年後、10年後のお肌のためにちょっと気を付けてみて下さいね。
そのうち、泡で洗う洗顔が身についていきますよ。

摩擦にこだわると、洗顔後のタオルも結構重要らしいです。
洗顔は泡でやってるのに、顔を拭くときははゴシゴシ。
これじゃ、意味ないぞ。
タオルで水分を拭き取る際にも、ゴシゴシはタブー。
水分はトントンと優しくプッシュで取り除きましょう。
人によっては、タオルの質にもこだわるほど、ふき取りも
重要なことのようです。

こだわればキリがないことですが、
まずは基本の泡で洗顔から始めてみませんか。
くすみ、肌トラブルのないきめの細かい美肌のために
一緒にがんばりましょう。

間違ったクレンジング|逆にニキビを誘発

思春期だけでなく、大人になってもやっぱりできちゃう
ニキビ。
大人ニキビです。
青春時代には鼻の頭にニキビができると両想い。
など、胸キュンの噂もありましたが、
やっぱりニキビって嫌~。

悩んでる人も少なくないはずのにっくきニキビ。
ニキビといえば、アクネ菌ですよね。
ニキビの原因であるアクネ菌でニキビができるわけ。

ニキビとは毛穴に皮脂や汚れが詰まって毛穴が呼吸できなくなり
アクネ菌が大量発生しやすい状況を作ることで
アクネ菌が増えて毛穴に炎症を起こさせることでニキビになります。

アクネ菌はもともと人のお肌に常在している菌ですが、
もともとは悪い奴じゃないんですよ。
けれど、毛穴にアクネ菌が増殖することでニキビを作っちゃうんですけどね。

というわけで、ニキビに悩んだとき、
皮脂や汚れをなるべく取り除こうとして一日に何度も洗顔したりしてしまいます。
が、
この行為こそが、逆にニキビを誘発させる行為だったのです。

ニキビが気になるからといって一日に何度も洗顔するべからず!
洗顔自体はよいことですが、一日に何度も洗顔することによって
健康なお肌に必要な皮脂まで奪われてしまうのです。
お肌に必要な皮脂が奪われてしまうと、えらいもので
皮膚は潤いを求め皮脂を余計に出します。
過剰に皮脂を出すことで、この皮脂がまた毛穴に詰まったりして
ニキビを誘発させちゃいます。

お肌のバリア機能も低下してしまうので、余計にニキビを悪化させる
原因にもなりかねません。

間違ったクレンジングをしていませんか。
1日に何度も洗顔することもニキビを誘発させる行為ですが、
他にも、
ゴシゴシ洗いをしていませんか?
汚れはゴシゴシ洗っても綺麗になりません。
泡洗顔を心掛けましょう。
ゴシゴシ洗いは、ニキビを誘発させるだけでなく、
ニキビ跡を引き起こします。
ニキビ跡ができてしまったら、取り除くのは大変困難なことです。
デコボコのニキビ跡、色素沈着などは容易に取り除くことができないので
しっかり注意しましょうね。
洗顔の適温と言われているのが30度から34度といった
ぬるま湯です。
そして、しっかり丁寧なすすぎを行いましょう。
クレンジング剤などが残っていると毛穴に入り込んで
毛穴をふさぎ、さらなるニキビを作ってしまう原因になります。

ニキビにかかわらず、美肌になるためには"保湿"が大切です。
お肌の乾燥は美肌の大敵!
ニキビができてると脂っこい肌質になっちゃうから保湿は必要ない
と思われている方もいるかもしれませんが、
全くの逆です。
保湿がきちんとされていないとニキビができるのです。
また、お肌の乾燥はニキビだけでなく小じわやシミの原因にも。
保湿って美肌には本当に重要です。
合わせて正しい洗顔方法でニキビや小じわにシミのない
透明感のある美肌を目指しましょう。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11